住宅のベランダなどに防水工事を施すメリット

種類を見ておこう

基本的に防水工事と一口に言っても、その工法には様々な種類があります。防水工事の特徴を把握しておけば、住宅にあった工法を選ぶことができるようになるでしょう。

防水工事の工法

家と傘

ウレタンで防水

ウレタン防水工法は、比較的リーズナブルな価格で利用できる工法です。また、施工する場所を選ばないのが特徴と言えるでしょう。10年から15年程の期間効果を発揮してくれます。

シートで防水

塩ビやゴムなどのシートを使った防水工事も有名です。防水工事の工法の中でも最も料金が安いとされています。屋上の防水工事に高い効果を発揮し、10年から20年程は持つでしょう。

アスファルトで防水

大きな建物の防水工事に活用されているのが、改質アスファルトを使った工法です。基本的に大型マンションや大型のビルなどに用いられます。耐用年数は15年から25年程と長いのが強みです。

FRPで防水

FRP工法と呼ばれる防水工事も普及してきています。ベランダの防水工事に最適な工法で、10年から15年程は持つでしょう。費用は高めですが、防水効果が最も高い工法として知られています。

住宅のベランダなどに防水工事を施すメリット

家具

住宅が長持ちする

ベランダなどに防水工事を施すことによって、住宅は長持ちするようになります。同じ家にできるだけ長く住み続けたいと思っている人にとっては、とても大きなメリットだと言えるでしょう。快適な環境を末永く維持することが可能となるのです。

家の絵

見た目が良くなる

防水工事を施すと、住宅の外観も良くなります。いつでも新築の住宅に住んでいるような気持ちを味わうことができるでしょう。住宅の劣化を気にする人にとっては、嬉しいメリットとなるのです。外壁のヒビ割れなども防ぐことができるでしょう。

住宅にベストな工法で

専門業者に防水工事を依頼するなら、住宅に合った工法を選ぶのが大切です。住宅にマッチした防水工事を施せば、より高いメリットを得ることができるでしょう。

広告募集中